Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンプル

あkさ
夕立

夕立
railway_to_nowhere.jpg
大淀

1004302679514709

スコア

魔法学校アヴァロン グランドチャンピオン大会

どんなデッキ持って行こうか。

どう考えてもトップメタは金床とバリスタ入りの赤なので
赤相手に5割以上勝てる+他にもそこそこ対応できるってのが条件になると思います。
予想は5/6赤、スライム、王墓、リヴァイアサン、黒蜘蛛ゲヘナ あたりが多い。

というわけで地上のタフネス3以下を初手に持ってくるのは危険ですね。
スライムとリヴァイアサンデッキでは当然のように津波とウンディーネ(放電と沸騰も)積んでくるでしょうし、その水を上書きするために赤は溶岩流、黒は濁流積むことが多いです。一時期よりは減りましたが砂の呪縛、拘束、火球などの3点火力なども定番。

本命
赤5/6巨体(延焼)デッキ
書簡王墓ロック相手には爆破。全焼の生贄や契約イフ、最後の力もあるしね。
白タッチも多いけど5/6群は赤マナ3で事故の可能性含めるとやっぱり赤単が怖い。

5/6を止める対抗

コントロール

霊体化(白
とりあえず霊体化積んどけば5/6相手にアドバンテージが取れる。
白騎士もダメージレースで有利に持っていけるため、2体目を出しにくい巨体デッキ対策になるだろう。ロック相手でも腐らないし。
攻撃手段は
冬の魔法使い+ウィンターウルフかな。
冬の魔法使いは3点火力で死なない上に水を凍土に書き換えられる優秀さ。霊体化した敵をどかすのにも使える。
白グリフォン足して相手の除去を腐らせるのも良さそう。
黄か青を足せば対応力が上がるが純正白のほうが強いんじゃないかなぁ。

蜘蛛(黒
石化休眠させて落ちれば良い。
状態異常で生き残ったほうが維持コストで損をするお約束。
休眠能力だけじゃなくて普通に殴れるサイズなのも良い。
プリンはアポロンやバリスタ先置きに負け、こちらもアイテム使えなくなるのでゲヘナ入れないなら黒でも爆破積んだほうがいい気がする。

記憶喪失
島クラゲなら攻撃2回+睡眠2回*2=6回の攻撃を止められる。
白鯨も5/6群や4つ腕に相打ち取れる。
記憶喪失警戒で場に展開したところを大洪水。読み合いが熱い。
ただ環境の高速化と金床シリーズによって場から魔力供給ができるようになったのでつらそう。
というかこのゲーム、アイテム破壊がなさすぎよ。トロル(笑)

コンボ

リヴァイアサン
幻影型 ガン守りからのクラゲ連打、火山流と濁流にテンポを崩され、忘却や記憶喪失で詰む。
ネクロマンシー型 黒マナ2なのがキツイけどしょうがない。アスモデ心臓入れるか。
上の記憶喪失、大洪水とのハイブリッド。
または黄色足して3色。方向転換4積みで母なる海など腐りやすいカードも恐れず投入、強引にパーツを揃える等バリエーション有。

四ツ腕
6点攻撃で5/6にダメージレースで勝ち、相打ちが取れる、霊体化されても攻撃可、ゴーレム、タフネス4、強化が2倍、かなりポイント高い。
蜘蛛、巨体、そして四つ腕が睨み合う光景が定番になりそう。
麻痺攻撃を持つ黄色なのがポイント高い。
ジンやサソリを犠牲にして四ツ腕でトドメを刺すのがいいんじゃないかな。

鋼の王
錆び合成での5/6を擬似除去
霊体化、状態異常、蜘蛛に抵抗力あり。基本タフネス4以上。
残念ながら打撃力が中途半端。5/6が立ってたら1:2交換になりやすい。ジン入れるくらいか。
状態異常が流行らなくなって高速化した環境についていけてない感じはある。


で、例によってメタ外のデッキを持って行きたい。
候補は今のとこ以下。

騎士落雷
先攻と合わせれば落雷が無駄にならない。

泥壁コントロール(黒黄)
泥壁は水や凍土を消せる、3点火力でおちない、合成と合わせて擬似除去と使い勝手が良かった。
ゲヘナの肥やしになるし腐食もあるよ!

一応検討したもの

慈悲天と空戦騎士入り白
意外と除去されない、守れる、殴れる。
引きに左右されない強さがあるけどカードパワーが足りてない気もする。

ドラゴン
楽しそう。この機を逃すとン万円払わないと再現できないデッキ
回したわけじゃないけど雪原と砂地いれたらいいだろ。
巫女を出した返しのターンに焼かれる、状態異常、霊体化、書簡に対処できないと弱点多すぎ。
基本コンボデッキなので対応力増そうといろいろ入れていくと手札に竜が揃わなくなるので苦しいか。

松竹座席
予約用

Appendix

プロフィール

キファ

Author:キファ
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

最近のトラックバック

ブログ内検索

CURRENT MOON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。